日常

あいみょんの武道館ライブDVDを観た感想 アコギだけのライブでも楽しめる?

2019年2月18日に日本武道館で行われたあいみょんのライブ、「AIMYON BUDOKAN -1995-」が収録されたDVD、AIMYON BUDOKAN -1995-[通常盤]を買って観ましたのでその感想を書きます。

このライブ、最初から最後まであいみょんがアコースティックギター一本で歌い続けるという硬派な内容に見えますので、紅白で初めてあいみょんを知った、街中で流れていた曲を聴いて興味を持ったという方は購入を少々悩むのではないかと思います。(私です)

マリーゴールド」と「君はロックを聴かない」くらいしかあいみょんの楽曲を聴いたことがない私のようなにわかファンでも楽しめる内容なのか、以下に感想を綴っていきたいと思います。

最初から最後までアコギだけでも楽しめる?

実際にライブDVDを見た私の感想ですが

ロンゴ
ロンゴ
カッコいい・・・

(女性をカッコいいと形容したのは実に久しぶりな気がします。)

震えました。

正直、にわかファンの私はこのライブ、少々不安でした。

というのも、私は楽曲が一般に広く受け入れられるプロセスにはアレンジという部分がとても重要だと思っているからです。

ここでいうアレンジというのはイントロだったり、間奏だったり、コーラスだったりと、本人が作った詞曲を装飾するその他の部分ですね。

あいみょんの名を世に知らしめた「マリーゴールド」のキャッチーなエレキギターのイントロはとても耳に残りませんか?(私です)

そんな理由で心配していたのですが、すべて杞憂でした。

最初から最後まで引き込まれっぱなしです。

圧巻なのはその圧倒的な歌唱力表現力妖艶に見えて歌詞を間違えて照れたりするかわいらしさ、すべてがすごい。

これらはCD音源だけでは感じられない部分、充分このDVDを買う理由になり得ます。

DVD2枚の内容は本編とオフショット

Disc 1

ライブ本編ですが、セットリストを紹介して特に印象に残った曲をいくつかピックアップしたいと思います。

01. マリーゴールド
02. 愛を伝えたいだとか
03. わかってない
04. 満月の夜なら
05. 風のささやき
06. 恋をしたから
07. ○○ちゃん
08. ハルノヒ
09. 貴方解剖純愛歌~死ね~
10. 憧れてきたんだ
11. 今夜このまま
12. ふたりの世界
13. どうせ死ぬなら
14. GOOD NIGHT BABY
15. いつまでも
16. 生きていたんだよな
17. 1995
18. 君はロックを聴かない

どの曲も熱量がすごく、耳に残るものばかりなのですが、そんな中でも特に印象深かったものをいくつか解説します。

03.わかってない
06.恋をしたから
12.ふたりの世界

男性目線の歌詞が多いあいみょんですが、この3曲は等身大の女の子が描かれていてとてもかわいらしい。印象が変わりました。(良い方に)

特にこの「恋をしたから」はyoutubeで良い曲だな~と年甲斐もなくうっとりしていたのですが、レコーディング音源とライブのクオリティが同等って・・・

どうしてもCD音源を聴いた後のライブで、あれ?となってしまうアーティストが多い中でこの再現性はすごいと思います。

女の子目線と言えば「貴方解剖純愛歌~死ね~」もそうですが、こちらは毛色がちょっと違くて怖い(笑)

10.憧れてきたんだ

ただただカッコいい。男前です(笑)

17.1995

このライブのために書き下ろされた新曲です。

あいみょんがこの世に生を受けた事に感謝を綴った曲、是非買って聞いてみて下さい。

Disc 2

私はあいみょんをアイドル的に崇拝している訳ではないので、ライブの裏側等が収録されているこちらは観る予定ではなかったのですが、本編を観た後で猛烈に見たい衝動にかられまして見てしまいました。

あいみょんの素が見られるとても貴重な映像ですね。

益々あいみょんが好きになりました。

アコースティックギターを始めたい人にもおすすめ

あいみょん風アコースティックギター

あいみょんのファンならばこのDVDがおすすめなのはもちろんなのですが、あいみょんを知ってギターがやりたくなった人には特におすすめです!(私です)

あいみょんはギターの技術もすごいです!

映像を通して見てもあいみょんがギターのフレットを確認しているのはほんの数度。

才能と言ってしまうのは簡単ですが、きっと気の遠くなるような練習を重ねたんだろうと想像します。

耳コピ目コピを目的にライブ映像を観ると、ヴォーカルの人が弾くギターというのは他の音に掻き消されてなかなか分かりづらいですよね。

その点、このシンプルな形態のライブだとフレットの押さえ方やストロークの形態も見れますし、あいみょんのカバーをしたいと思っている方には特におすすめですよ。

実は私、今年の元旦にアコースティックギターをアマゾンで買いまして部屋に飾ってあります

ナナ
ナナ
飾ってある?

私が志したのはあいみょんのような掻き鳴らすストロークではなくソロギターなのですが、五カ月程練習した後でブログに出会ってしまい、こちらにウエイトが行ってしまっているのが現状です。(言い訳)

でもでも!俄然またギターが弾きたくなりましたよ!

あいみょんが武道館で弾いていたGibsonJ-45

こちらも武道館で弾いていたMartin000-28

こちらは私がAmazonで購入したDonnerDAG-1CS(笑)

AIMYON BUDOKAN -1995-[通常盤](DVD)のまとめ

この記事を書いている2019年11月現在、あいみょんのライブ映像を手に入れたいと思ったら選択肢はこのDVDしかないのが現状です。(Youtube等を除く)

もっと色々なライブ映像が観たいという方も多いと思いますが(私です)、現在行われているツアー「AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-」が終了する来年の2月以降、おそらく春から夏にかけて発売されると予想されるライブDVDが出るまで楽しみに待ちましょうね。

ところでなぜブルーレイではなくDVDなのか・・・、気になっている方もいるかもしれませんのでお答えすると、私が持っている様々な再生機に対応しているからです。

現在は通勤の車内でリピートしてます。

ナナ
ナナ
リビングのレコーダーがBD読み込まなくなったのは関係ないよね(笑)

最後にこの感想を書いた私の属性ですが、40代後半の会社員既婚あいみょんと同世代の子供が居ます。

父親目線でおいみょんを見てしまいますが、こんなおじさんでも感動させる力を持ったあいみょんはすごい。

これからも是非活躍してほしいですね。