マイホーム

アイリスオーヤマのエアコンの評判が気になる人に読んで欲しいレビュー

アイリスオーヤマのエアコンの評判が気になる人に読んで欲しいレビュー

最近アイリスオーヤマ製のエアコン、よく見かけるようになりましたよね。

しかも安いから尚更目にも留まります。

昔からエアコンと言えばパナソニックダイキン三菱日立といったメーカーが安定の有名処ですが、アイリスオーヤマと比べるとワンランク価格が高い印象です。

もしアイリスオーヤマのエアコンが大手メーカー製と遜色の無い働きをしてくれるなら安いし買ってみようかな~と考える人は多いはず。

そこで当然気になるのが実際に使っている人達の評判ですよね。

実は私、先日アイリスオーヤマの6畳用2.2kwのエアコン(IHF-2204G)をAmazonで購入して現在絶賛使用中なのです。

実際に使った感想や、よく口コミで話題に上る項目の検証等もしています。

購入候補に考えている方は是非参考にしてみて下さい。


底値待ちは品切れ工事渋滞と背中合わせ、ベストな購入タイミングを見極めましょうね。

おすすめは送料無料でタイムセールがあるAmazonです↓

ナナ
ナナ
悩ましい~

せっかくエアコンをネットで安く購入するなら、取り付け業者も選びましょうね↓


自分で取り付け業者を選ぶメリット、デメリットは下の記事で↓

ネットで買ったエアコンを二階に取り付け 費用と工事内容を紹介
ネットで買ったエアコンを二階に取り付け 費用と工事内容を紹介さあ、今年もまた暑い夏がやってきますね! エアコンも随分と値段が下がっていますし、今年こそ暑かった二階の自室にエアコンを付けたいと...

アイリスオーヤマのエアコンを購入して使った感想

IHF-2204G運転時

まずは結論から言いますと、もう120%満足しています!

え?何にそんなに満足なのかって?

それは安くて、冷やせて、暖められる事です(笑)

逆にエアコンに求める事ってこれ以外に何かあります?

ブランド?造形美?付加機能?あって悪い事はありませんが本質的ではありません。

「冷えれば良い」は言い過ぎでも、値段が安く、故障しないで動いてくれる。

そう、私はこのアイリスオーヤマのエアコンのコストパフォーマンスにとても満足しているのです。

各社、差別化のためにあれこれと付加機能を盛り込みがちですが、その機能、本当に必要でしょうか?

例えば外出先からスマホでエアコンを操作するとか、アレクサに話しかけてエアコンを操作するとか・・・

ロンゴ
ロンゴ
私は絶対に使わなくなる自信あります!(笑)

もっとシンプルに、エアコンとはどういう家電なのかもう一度考えてみませんか。

そうは言っても安かろう悪かろうでは困りますよね。

アイリスオーヤマという会社について次章で考察しています。

アイリスオーヤマってどんな会社?

アイリスオーヤマ本社画像出典:Wikipedia

最近であればお値打ちなLED電球衣装ケースなんかでもお馴染みですよね。

どちらかというとホームセンター等で製品を見かけるイメージです。

家電とは無縁な印象もありますが、ウィキペディアによると大手家電メーカーを退職した優秀な人材を大量に採用して家電部門を拡大中なのだとか。

どんな会社も所詮は人が集まって作るもの、何だか期待できそうですよね。

私はLED電球を安く買えてすこぶる印象が良いのです。↓

ミニクリプトンやネオボールを切れた所からLEDに交換 色合いは同じ?ここ10~15年位の間に家を建てられた方は、家の照明器具にダウンライトやスポットライト、間接照明等を多く使われているのではないでしょうか...

IHF-2204Gはこんなエアコン

IHF-2204Gのリモコン

操作はすべて付属のリモコンで行います。

画像でも分かる通り、基本的な機能は過不足なく搭載されていて不満に感じる要素は見当たりません。

液晶画面はGショックの文字盤のようなELライトが点灯して視認を助けてくれます。

本体に手元温度を表示

ちょっと変わった機能としては室内機本体に手元温度を表示できる機能

リモコンに温度計が内蔵されていて、「手元温度」というボタンを押すと文字通りリモコン周辺の手元温度が表示されるのですね。

ナナ
ナナ
斬新!

アイリスオーヤマのエアコンでよく心配されている点の検証

ここではネットでよく心配されているアイリスオーヤマのエアコンの口コミを私の視点で検証しています。

壊れやすいのか?

IHF-2204Gの白黒画像

正直これに関しては私も買ったばかりなので何とも言えません。

しかし、そんな心配は無用だと思っています。

例えば、お家の家電、最近買ってすぐに壊れたという物何かありますか?

100Vのコンセントに差す日本メーカーの電化製品ですよ。

ジャンルにもよるかもしれませんが、日本製の電化製品は本当に優秀です。(生産地ではなく企画メーカーの話です)

メーカーの大小はあるにせよ、この家電大国日本の第一線で生き残るにはいい加減な製品を作っていては生き残れないのは明白。

私は本社が日本の電気メーカーは等しく信用しています。

というか電化製品の故障ってブチ当たる人は本当に当たるのですよね(笑)

工業製品ですから確率の問題でもあります。

動作音はうるさいのか?

エアコン停止時の室内音量42db

テレビを見ている時や就寝時にも動作している事のあるエアコン、誰しも運転音は気になるところですよね。

そこでiPhoneの騒音計測アプリで室内機と室外機の動作音を測定してみました。

上の画像はエアコンが動いていない状態での室内騒音計測値です。(約42db

聞こえてる音で一番大きいのはパソコンケースのファンの動作音でした。

一般的な音量の目安として

40db 聞こえる会話には支障なし(普通)

50db 大きく聞こえる、通常の会話は可能(普通)

70db かなりうるさい、かなり大きな声を出さないと会話ができない(うるさい)

と言われています。

室内機

エアコン運転時、風量1の音量46db

エアコンを運転して風量1(最小)とした時の室内機の動作音量です。(約46db

エアコン運転時、風量4の音量55db

エアコンを運転して風量4(最大)とした時の室内機の動作音量です。(約55db

動作音は風量に比例していて、規則正しく段階的です。

室外機

エアコン動作時の室外機の音量 77db

エアコン運転時の室外機音量です。(約77db

土曜日の日中に測定していますが、田舎なので余計な音は入っていません。

カタログ値ではそれぞれ室内機62db室外機60dbとなっていて少々かけ離れていますが、今回の計測はアプリですのであくまで参考程度に考えて下さい。

体感的な感覚では室内機は風量2までならそれほど気にならず、室外機は外なので数字ほど大きな音がしている感じはありませんでした。

自社開発ではなくOEM製品?

アイリスオオヤマは生粋の家電メーカーではないので、エアコンも自社開発製品でなくOEM商品ではないかという憶測をネットで見かけます。

更には2016年に東芝の白物家電部門を買収した中国の美的集団(ミデア)の製品ではないかと言う人もいます。

真相はどうなのでしょうか?アイリスオーヤマのサポートに問い合わせてみました。

メーカーの回答として、OEM製品である事は認めていましたが、製品の製造元に関してはお答え出来かねますとの事でした。

ロンゴ
ロンゴ
うむ、そうですか

ただ、本当にミデア製だとするとこれはプラス要素だと思いませんか?

日本では知らない人がいない東芝の看板を引き継いでいる会社です。

それにサポートは信頼の日本の会社、アイリスオーヤマですからね。

サポートの品質は?

取説裏面のサポートダイヤル

先述の問い合わせをする際、取説の裏に書いてあるフリーダイヤルに電話をかけたのですが、応対してくれたのは日本人の女性の方でした。

とても丁寧で、私の不躾な質問にも言い淀む事無く、とても明快に回答してくれました。

修理に関しても同じ番号ですので、窓口のオペレーターに話が通じなくてイライラ、なんてことは無さそうです。

土曜の午前という時間帯にも関わらず、あっさりつながったのも高評価です。

電気代はどう?

こちらも私は購入して間もないため、年間を通してやシーズン中の電気代の変化をお伝えすることはできません。

ただ、このあたりも差別化のために各メーカーがしのぎを削る部分です。

桁違いに電気代が高くなるエアコンなんて即淘汰されてしまいますよね。

文化的な生活をすれば多少の電気代は付き物ですから、あまり神経質にならず、涼しく快適な環境を満喫するのが精神衛生上良いと思います。

アイリスオーヤマのエアコン評価 まとめ

現在の日本の電化製品は良い意味でドングリの背比べです。

もう技術的にもサービス的にも一定の水準ははるかに超えています。

その中で、ビジュアル的に楽しむとか、持っている事で所有欲を満たすというような要素がないエアコンは合理性重視でよいのではないでしょうか。

つまり低価格は正義です!

ただ、本体価格の比較だけで済まないのもエアコンの特殊な所。

工事費用をいかに安く済ませるかという点も重要ですよね。

私はこんな風にしてエアコンを取り付けましたので合わせて参考にどうぞ。↓

ネットで買ったエアコンを二階に取り付け 費用と工事内容を紹介
ネットで買ったエアコンを二階に取り付け 費用と工事内容を紹介さあ、今年もまた暑い夏がやってきますね! エアコンも随分と値段が下がっていますし、今年こそ暑かった二階の自室にエアコンを付けたいと...

さあ、今年も暑い夏が始まります。

いよいよ我慢できなくなってからの購入では工事の空きがなくて、やっと付いたと思ったら夏が終わってたなんて笑えない話もよく聞きます。

良いエアコンを少しでも安く買って快適な夏を過ごしましょう。


今回ご紹介したモデルはこちら↓

やっぱりアレクサ対応が気になる方はこちら↓

少しでも工事費用を安くしたい方はこちら↓